Skip to main content

FedEx Newsroom

Latest Asia Pacific News

May 18, 2020

フェデックス エクスプレス、カワール・プリットをアジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域の社長に任命

香港特別行政区、中国、2020年5月 18日  – フェデックス エクスプレス (NYSE: FDX)は、アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域の社長にカワール・プリットを任命したことを発表しました。   プリットは、フェデックス エクスプレスの北太平洋および南太平洋地域[1]のオペレーション担当上級副社長務め、新職には2020年6月1日付で就任します。プリットは、2015年1月からアジア太平洋地域社長であった、カレン・レディントンの後任です。なお、レディントンは、ヨーロッパ地域担当社長とTNTのCEOを兼任します。   プリットは新たな役職において、企業戦略全体およびオペレーションの計画と実行への指揮を執ります。アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域はフェデックス エクスプレスがサービスを提供する地域の半数近くに相当し、プリットは、103の市場で勤務する約40,000人の従業員を率いることになります。   フェデックス エクスプレスの社長兼CEO、ドン・コレランは、以下のように述べています。 「アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域の社長を引き継ぐプリットに対し、大いに期待しています。プリットはこの業界のベテランであり、フェデックスでの豊富な経験を有しています。長年に渡り、強力なリーダーであることを何度も実証し、アジア太平洋のオペレーションを新たな高みへと導くのに貢献してきました。我々のAMEA事業が彼女のリーダーシップの下で成長していくのを見るのを楽しみにしています。また、ヨーロッパ地域を引き継ぐアジア太平洋地域担当社長のカレン・レディントンの傑出した貢献に、感謝しています。」   プリットのフェデックスでのキャリアは次の通りです。1997年、シンガポールのフェデックス エクスプレスにアソシエート エンジニアとして入社。昇進を重ね、サービス品質保証、グランドオペレーション、航空・地上ネットワークのプランニングとエンジニアリング部門で職務を歴任した後、グローバル市場へのアクセス向上に熱心に取り組み、数多のお客様のビジネスを可能性へと結びつけました。   フェデックス エクスプレスのアジア太平洋、中東、アフリカ地域社長、カワール・プリットは、以下のように述べています。 「才能も経験もあるリーダーシップに富んだチーム、そしてグローバルな取引とビジネスの機会に恵まれた新たな地域のリーダーを務めるのは、恐れ多くもあり名誉でもあります。我々が注力するポイントは変わりません。それは、日々Purple Passionを発揮するフェデックスの強力なチームのパワーを活用し、お客様にPurple Promise(優れたフェデックス体験)をお届けすることです。」   フェデックスは継続して、人を最優先に考える理念を掲げていることを誇りとし、長年に渡り組織内の優れた人材の育成を行っています。世界全体のフェデックス マネージメントチームにおいて、半数を超える人材が昇進を繰り返し、今ある地位を獲得しています。 [1] 中国本土とモンゴルを除く

More

May 7, 2020

フェデックス、新型コロナウイルス(COVID-19)の対策支援を継続

香港特別行政区、中国、2020年4月29日 – フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレスは、輸送サービスの無償提供と、非営利組織と協力した救援活動を継続しており、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大防止を支援しています。中国から世界中の国々へ輸送される救援物資は、慈善団体のダイレクト・リリーフとハート・トゥ・ハート・インターナショナルにより、医療サービスが十分に受けられず弱い立場にある人たちを含め、最も重大な公衆衛生上のニーズを抱えた医療機関に届けられます。   フェデックスは、フェデックス・ケアズ”Delivering for Good”の取り組みの一環として、迅速な輸送を提供しており、これまでに以下の救援物資を輸送しています。   4月3日以降、ダイレクト・リリーフと協力し、約300万枚の医療用マスクを含む3回分の物資を、中国から米国カリフォルニア州サンタバーバラまで輸送。これらは、4月13日にメリーランド州緊急事態管理庁(マスク100万枚)、マサチューセッツ州緊急事態管理庁(マスク50万枚)、デラウェア州(マスク30万枚)に配送されました。残りの120万枚のマスクは、米国の診療所や病院に供給されます。 4月16日、ハート・トゥ・ハート・インターナショナルと協力し、中国・深圳から米国カンザス州カンザスシティ地域の病院と救急対応にあたる方々向けに医療用マスク17万枚を輸送。 4月19日、米国の診療所と病院に提供される防護用フェイスガード5万個を、中国から米国ダイレクト・リリーフ宛てに輸送。 4月24日以降、ダイレクト・リリーフと協力し、医療用マスク37万5,000枚を中国からメキシコ(35万枚)、エクアドル(1万5,000枚)、ペルー(1万枚)に輸送。   1月末以降、フェデックスは、175米トン以上、1,500回の出荷分の人道支援物資の無償輸送サービスを、ダイレクト・リリーフ・インターナショナル、インターナショナルメディカルコープス、ハート・トゥ・ハート・インターナショナル、その他非営利組織に提供してきました。それらには4,449,230 枚を超えるマスク、100万個を超えるガウンや手袋等の個人防護具が含まれています。   フェデックスは、緊急に必要とされる医療品を輸送する貢献活動の他にも、業務や生産が再開される中国やアジア太平洋地域のお客様への継続した支援も提供しています。   220の国と地域をつなぐグローバルな物流ネットワークを擁するフェデックスは、毎週270フライト以上の中国発着の国際航空貨物便を運航し続けています。   フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域担当社長のカレン・レディントンは、次のように述べています。「フェデックスは、COVID-19の発生以来、現地の条件とガイドラインを遵守しつつ、感染症の発生地域において不可欠な医療物資の輸送をサポートしてきました。制限の解除とともに中国が正常に戻ろうとする中、我々は企業およびサプライチェーンの普及を支援し、貿易を促進し、現地の経済を支えています。」   さまざまな業界のお客様のニーズに対応するために、フェデックスは「ワンストップ」ソリューションと、輸送中の積荷の追跡および監視するカスタムサービスをお客様へ提供し、納期どおりに生産ラインへ届けることにより、お客様が生産と在庫の最適なバランスを取り、効率的なオペレーションを確保できるよう支援しています。

More

March 9, 2020

フェデックス、2019年度「スチューデント・シティ」の活動を完了

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、2019年5月から2020年2月に開催された2019年度「スチューデント・シティ」への支援活動を完了しました。今年度は品川区内35の小学校から、5年生約2,400人がプログラムに参加し、フェデックスの模擬ワールド・トレード・センター(フェデックスブース)で仕事を体験することで、社会や経済の仕組みの基本を学びました。   「スチューデント・シティ」は、経済教育団体である公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が行う、体験型経済教育プログラムです。児童は品川区立品川学園内に再現された街「スチューデント・シティ」の住人となり、ものやサービスを「受ける生活者側」と「供給する企業側」を交互に体験します。   フェデックスのブースで仕事を体験する児童は、配送担当者、営業担当者、マネジャー、会計担当者などの役割を担います。児童は、事前に準備したはがきとその国際輸送サービスの販売、また「スチューデント・シティ」内の別の企業の商品配送を請け負うことで、輸送ビジネスを経験しました。また、コストを考えながら、はがきや輸送サービスの販売価格を自らが決定し、販売戦略を考えるミーティングを何度も行って様々なアイデアを出し合い、「利益を出す企業になる」というゴールに挑戦しました。   フェデックスは、世界中で行う社会貢献活動において「教育支援」を重要分野のひとつとして位置づけ、2011年から「スチューデント・シティ」の活動を支援しています。プログラムに参加する児童がフェデックスの従業員として仕事を経験することで、物流サービスがどのように人々や企業に可能性をもたらすことができるかを学べる機会を提供してきました。フェデックスは社会貢献活動の新たな目標として「FedEx Cares 50 by 50」を掲げ、2023年の会社創立50周年までに、世界5,000万の人々へのサポートを届けるために取り組んでいます。   「スチューデント・シティ」プログラムの詳細とジュニア・アチーブメント日本については、以下のURLをご確認ください。 http://www.ja-japan.org/education/student-city.html

More

February 5, 2020

フェデックス 支援団体ダイレクト・リリーフによる中国・広州向け 医療用品の輸送第一弾を完了

香港特別行政区、中国、2020年1月31日 ― フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレスは、ダイレクト・リリーフの人道支援活動に協力して、20万枚超の医療用マスク、および個人用防護ガウンや手袋を米国から輸送しました。輸送品は1月30日朝に中国の広州白雲国際空港にある、フェデックス アジア太平洋地域ハブに到着しました。 フェデックスは、緊急医療機器を速やかに配達するために広州から武漢への救援物資配送を調整している中国郵政に、これらの医療用品を届けました。 さらにフェデックスは、ダイレクト・リリーフとの協力による広州向けの医療用品第二弾の輸送を手配しています。この輸送には保護マスク、手袋、その他の防護用具が含まれる予定です。

More

January 31, 2020

フェデックス、医療用品の緊急輸送を支援

香港特別行政区、中国、2020年1月28日 ― フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレスは、新型コロナウイルス感染拡大を受け、そのグローバル ネットワークと輸送能力を活用し、関係機関、パートナー団体、お客様との協力のもと、中国・武漢向けに医療用品の迅速な輸送サービスを提供しています。   活動の一環として、フェデックスは1月26日と27日早朝に、当社のお客様向けの医療用品の初回分を、日本と米国から広州白雲国際空港に輸送しました。医療用品にはN95マスク、医療用手袋、プラスチック製ゴーグル、除菌シート、抗生物質が含まれます。広州白雲国際空港税関の協力により、フェデックスは迅速に輸送品の通関手続きを完了し、1月27日に中国郵政がこれらの輸送品を武漢に配送しました。   中国郵政は武漢地域向けの感染拡大防止用品の配送サービスを提供し、武漢市当局が指定した団体宛ての救援物資について、無料輸送および配送を行います。上記の輸送は、フェデックスが中国郵政のネットワークを通じて輸送した医療用品の第一弾となります。   さらにフェデックスは、20万枚超の医療用マスク、個人用防護ガウンや手袋を米国から中国・広州の自社施設アジア太平洋地域ハブ向けに輸送し、ダイレクト・リリーフによる人道支援活動に協力します。さらにフェデックスは広州から武漢への救援物資の配送を調整する中国郵政と緊密に協力し、できるだけ速やかな物資の輸送を目指します。   1月25日以降フェデックスは、中国の医療機関向け体外式膜型人工肺(ECMO)、人工呼吸器、患者用モニタなどの医療機器供給において、メドトロニック社をサポートしています。600点を超える医療機器および医療部品からなる第一弾の輸送品は、上海のフェデックスの施設から各地に向けて迅速かつ安全に輸送されました。現在これらの機器はすでにコロナウイルスに感染した患者の治療に使用されています。   フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長、カレン・レディントンは、次のように述べています。「フェデックスは人道支援団体との長年の関係と自社のグローバルなネットワークを活用して、中国向けの緊急の医療用品輸送要請に対応しています。素早い対応が決定的に重要な時にこそ、中国内外の多数のパートナー団体と協力して支援を提供してまいります。被害を受けられた方々に謹んでお見舞い申し上げます。」   フェデックスには、危機発生時に非営利団体や政府機関と協力して地域や経済を支援してきた長い歴史があります。2019年6月1日からの本事業年度で、すでに現金および同等物による600万米ドルの支援を寄付して人道支援団体のサポートに充てています。フェデックスは自社の資源が確実に有効利用されるよう、非営利団体の担当チームと頻繁に連絡を取り合っています。

More

January 30, 2020

フェデックスがフォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」で第14位を獲得

香港特別行政区、中国、2020年1月22日 —フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)は、フォーチュン誌が発表した「世界で最も賞賛される企業」調査に今年もランクインし、アメリカン・エキスプレスおよびNetflixと並んで総合第14位を獲得しました。この調査では、財務業績と企業評価に関する9つの属性が測定されます。   フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長、カレン・レディントンは、次のように述べています。「連続してフォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」ランキングのトップ20に入ったことは、大変喜ばしいことです。これはアジア太平洋地域のチームメンバーによる多大な貢献のおかげです。これは、人を最優先に考える哲学を掲げるフェデックス独自の文化が評価されたものであり、我々は常に、最高のカスタマーエクスペリエンスをお客様に提供するよう努めています。」   フェデックスはフォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業リスト」トップ20に20年連続で選出されています。   調査方法 フォーチュン誌は、企業評価に関する本調査を行うに当たり、コーン・フェリーと協力しました。売上高上位の米国企業1000社と、フォーチュン・グローバル500社に名を連ねる売上高100億ドル以上の非米国企業、合計約1500社を対象に調査を開始しました。続いて、最大規模の売上高を誇る複数の企業を各業種から選び出し、30カ国の計680社に絞り込みました。この680社の中から、最も評価が高い企業が選出されました。この680社の企業に勤務している上級管理職が、アンケートに回答しました。52業種において最も評価の高い企業を決定するため、コーン・フェリーは、上級管理職、取締役およびアナリストに対し、投資価値、経営や製品の質、社会的責任、そして才能ある人材を引きつける力などの9つの基準に基づき、自身が属する業種の企業を評価するよう依頼しました。企業がリスト入りするためには、業種別の調査で上位50%の評価を得なければなりません。回答分布にばらつきがあったため、建設・農業機械、食品・ドラッグストア、総合小売業、金属、鉱業、原油生産、ネットワーク・その他通信機器、卸売業:医療分野では、業界スコアおよびランクの集計のみが発表されています。ケーブル・衛星プロバイダー、石油精製、パイプラインおよび米国エネルギー産業においては回答率が低かったため、調査結果は公表されていません。オールスター50社を選出するため、コーン・フェリーは、業種別調査に回答した3,770人の上級管理職と取締役、証券アナリストを対象にアンケートを実施し、最も高く評価する企業10社を選出しました。アンケートでは、回答者に前年調査で上位25%に入った企業、そして回答者が属する業種の調査で上位20社に入った企業のリストを提示しました。回答者は、業種を問わず企業を選択できます。候補企業のリストに違いがあるため、一部の調査結果が矛盾しているように見えることがあります。例えばUnitedHealth Groupは、オールスターではランクインできませんでしたが、保険・マネージドケアのカテゴリーでは同業種に属する人々の投票のみがカウントされることから、1位にランクインしました。 1997年から「世界で最も賞賛される企業」の調査を実施してきたコーン・フェリーは、グローバルなマネジメント系コンサルティングファームです。コーン・フェリーのサービスに関する情報は、ウェブサイトでご覧ください。https://www.kornferry.com/

More

January 26, 2020

フェデックス エクスプレスが、アジア太平洋地域からヨーロッパへの接続を強化

香港特別行政区、中国、2020年1月23日—フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレスは、フェデックス・インターナショナル・プライオリティ・ダイレクトディストリビューション(IPD)およびフェデックス・インターナショナル・エコノミー・ダイレクトディストリビューション(IED)の、アジア太平洋地域を発送元とした欧州諸国への配送サービスエリアを拡張しました。アジア太平洋地域から欧州諸国への既存の航路に、インターナショナル・プライオリティ・ダイレクトディストリビューションに12、インターナショナル・エコノミー・ダイレクトディストリビューションに47の航路を追加し、13のアジア太平洋地域の主要な市場[1]から28のすべての欧州諸国[2]にサービスを拡張しました。   IPDおよびIEDサービスは、アジア太平洋地域と欧州諸国間の国際配送をより簡略かつ迅速なものとし、中小企業を中心とする法人のお客様が、商品をより速く顧客に届けることを可能にします。今回の拡張により、アジア太平洋地域のお客様は、複数のパッケージを一ヵ所の発送元からEU諸国の複数の荷受人に、容易かつ効率的に配送できるようになりました。例えば、お客様は20個のパッケージをIPDまたはIEDを利用する単一ユニットの貨物として、香港特別行政区からドイツの複数の荷受人に一度に配送することができます。これらのパッケージの通関手続きは、単一の出荷書類とコマーシャル・インボイス(CCI)で処理されます。お客様は、仲介業者などを利用した場合でも、工程の所要時間を短縮し、商品を発送元から最終の荷受人に、より迅速に届けることができます。   フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長、カレン・レディントンは、次のように述べています。「アジア欧州会合(ASEM)加盟国[3] 間の貿易は、世界貿易取引[4]の55パーセントを占めます。欧州とアジアの貿易関係が強化するなかで、これは相互の貿易を拡大する絶好の機会です。国境を越えたアクセスへのお客様の要望が高まるなか、IPDおよびIEDのサービスエリアの拡張は、アジア太平洋地域の我々のお客様がグローバルなビジネスチャンスを獲得し、新たな可能性を開拓するサポートとなるのです。」   IPDおよびIEDの単一通関(Single Point of Clearance:SPOC)サービスは、アジア太平洋地域の一ヵ所の発送元から1枚の送り状で、複数のパッケージを28のEU諸国内の複数の荷受人へ配送する際にも利用可能です。   加えて、フェデックス エクスプレスは、フェデックス・インターナショナル・エコノミー(IE)およびフェデックス・インターナショナル・エコノミー・フレイト(IEF)サービスのアジア太平洋地域からの仕向地を拡張しました。欧州への航路はインターナショナル・エコノミーに148、インターナショナル・エコノミー・フレイトに56航路を追加しました。   フェデックス・インターナショナル・プライオリティ・ダイレクトディストリビューションおよびフェデックス・インターナショナル・エコノミー・ダイレクトディストリビューションのサービスに関する詳細は以下URLからご覧ください。 https://www.fedex.com/ja-jp/shipping/services/international-priority-directdistribution.html   [1] IPDおよびIEDは、13のアジア太平洋地区(APAC)市場(オーストラリア、中国、香港特別自治区、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイおよびベトナム)で利用可能。 [2]オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド共和国、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、イギリスを含む [3] アジア欧州会合(ASEM)は、欧州30ヵ国とアジア21ヵ国、EU、ASEAN事務局間のハイレベルな政府間フォーラムです。https://www.aseminfoboard.org/ [4] 「第14回アジア欧州会合(ASEM)外相会合」2019年12月13日

More

November 21, 2019

ジャイアントパンダのベイベイ、「フェデックス・パンダ・エクスプレス」で米国から中国に到着

香港、2019年11月21日― 4歳の雄のパンダ、ベイベイ(貝貝)が、B777F型の特別チャーター機「フェデックス・パンダ・エクスプレス」で中国・成都に到着しました。フェデックス エクスプレスはスミソニアン国立動物園との協力のもと、物流サービスとオペレーションの強みを生かし、絶滅が危惧されるジャイアントパンダの輸送を無償で行いました。   ベイベイは2015年にスミソニアン国立動物園で生まれた雄のパンダです。両親のメイシャンとティアンティアンは、現在、ワシントンDCのスミソニアン国立動物園で暮らしています。   パンダの飼育員1人と獣医1人に付き添われたベイベイは、フェデックスが用意した特殊なコンテナに入れられ、特別な塗装が施されたフェデックス エクスプレス777型機で、ワシントン・ダレス国際空港から中国・成都までノンストップで輸送されました。飛行中には、66ポンドの竹、2ポンドのりんごと梨、2袋の葉食性動物用ビスケット、2ポンドの焼き芋などの好物と、水が提供されました。   フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長、カレン・レディントンは、次のように述べています。 「我々は、非常に特別な任務に再び携わることができたことを光栄に思います。ベイベイを無事に輸送できたことで、世界で最も希少な貨物を安全かつ確実に輸送するという当社のコミットメントが裏付けられたことになります。貨物輸送会社として再び信頼を得ることができたことは当社の誇りであり、また当社がオペレーションの強み、そして特別な配慮と要件が求められる極めて複雑な貨物を取り扱う能力を有することの証明でもあります。ベイベイが新しい環境にうまく適応できることを願っています。」   輸送前には、1ヵ月間をかけてベイベイをコンテナの空間に慣れさせ、快適な旅に備えました。成都に到着後、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの新しい飼育員が駐機場でベイベイと対面しました。ベイベイは雅安碧峰峡パンダ保護センターに移送され、同センターの隔離施設で約30日間過ごすことになります。スミソニアン国立動物園の飼育員は、ベイベイが中国の新居に慣れるまで、少しの間、ベイベイのもとにとどまります。   フェデックス エクスプレスは、ワシントンDCで動物園から空港までのベイベイの輸送もサポートしました。ベイベイの輸送には、フェデックスで最も経験豊かなパイロットとドライバー、オペレーション・スペシャリストが選抜されて担当し、当社が特殊貨物にエンド・ツー・エンドで対応する、業界最高水準の卓越したオペレーションを行う能力を示しました。   フェデックス エクスプレスがジャイアントパンダの輸送を行うのは、今回で8回目です。過去7回の輸送は以下の通りです。   ・2017年:米国ワシントンDCから中国へ ・2013年:中国からカナダ・トロントへ ・2012年:中国からフランス・パリへ ・2011年:中国からスコットランド・エディンバラへ ・2010年:米国ワシントンDCおよびアトランタから中国へ ・2003年:中国から米国メンフィスへ ・2000年:中国から米国ワシントンDCへ   フェデックスは、ベイベイのお姉さんであるバオバオを2017年に中国に輸送するため、専用機を提供しました。ベイベイとバオバオのお兄さんであるタイシャンは2010年に中国に帰国し、彼らの両親であるメイシャンとティアンティアンは2000年に米国に輸送されました。   ベイベイ(貝貝)について ベイベイは2015年にスミソニアン国立動物園のデービッドM.ルーベンシュタイン・ファミリー・ジャイアントパンダ・ハビタットで生まれました。両親であるメイシャンとティアンティアンの間に生まれ、生き残った3番目の子どもです。メイシャンとティアンティアンは、現在、スミソニアン国立動物園で 暮らしています。ベイベイの兄タイシャンと姉バオバオは、現在はどちらも中国にいます。ジャイアントパンダは野生では単独で行動します。子どもは自分の縄張りを作るため、生後18ヵ月から2年の間に母親から独り立ちします。

More

Media Contacts

Contact U.S. Media Relations Team


United States:
901.434.8100

Canada:
905.212.5393

Latin America:
786.388.4698

Europe:
32.2.752.7725

Middle East, Indian Subcontinent & Africa:
9714.309.1222

Asia & Pacific:
852.2514.0813