Skip to main content

FedEx Newsroom

Latest Asia Pacific News

November 2, 2020

松本義則(マネージング ディレクター、ジャパン オペレーションズ)が 日本におけるフェデックス エクスプレスの代表を務める

2020年 11月2日、日本・東京 —フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレス(以下、フェデックス)は、2020年11月1日付で、松本義則(マネージング ディレクター、ジャパン オペレーションズ)が、日本におけるフェデックスの代表者の役割を務めることを発表します。松本はこれまで通り、日本における空港および地上オペレーション業務、通関業務全般を管理するとともに、今後は日本に勤務する約2,000人の従業員を率いて参ります。   松本は通関業務のエキスパートであり、長きにわたりフェデックス エクスプレスに勤務し、その成長と発展に寄与してきました。1988年に、日本における通関業務担当者として入社。1992年に同部門のマネージャーに 、1996年にはシニア マネージャーに昇進しました。2007年には、当時新設された新砂営業所(東京都江東区)における、24時間の通関業務体制の立ち上げに尽力。2014年は、空港業務を統括する責任者として、関西国際空港内での北太平洋地区ハブの開設に携わりました。同施設は、貨物の集約と積み替え拠点として、アジア太平洋地区、南北アメリカ大陸そして欧州のお客様の輸送ニーズに応える施設です。   2015年には、マネージング ディレクターに昇進。日本における通関業務と、成田国際空港および関西国際空港における空港業務を統括し、2018年に、日本のオペレーション業務全てを担当する、マネージング ディレクター、ジャパン オペレーションズに就任しました。   フェデックスは今回の松本の新たな役割に加えて、以下のアジア太平洋地域におけるマネジメント人事を発表します。   2020年10月15日、北太平洋地区担当副社長としてジェレミ・ゴールドストリッチが、フェデックスに入社。ゴールドストリッチは、フェデックスの北太平洋地区(日本、韓国、台湾、香港、グアム及びサイパン)におけるオペレーション業務全般の責任を担います。 2020年6月、氏家正道が、北太平洋・南太平洋地区担当上級副社長に昇進。氏家は北太平洋地区と、東南アジア、オーストラリア及びニュージーランドにおける、企業戦略とオペレーション業務全般の計画および遂行を統括します。   フェデックスは新型コロナウイルス感染拡大による影響からの回復を目指し、お客様と継続して連携し、お客様のビジネスを積極的に支援して参ります。この力強いリーダーシップの下、多様化し絶えず変化するお客様の輸送ニーズに適切に応えるため、輸送ネットワークやオペション業務、サービスの革新および強化に努めて参ります。

More

October 19, 2020

フェデックス エクスプレス フィリピンでの操業36周年に、フィリピン・ゲートウェイをクラークに開業

マニラ、フィリピン、2020年10月6日 – フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレス(以下フェデックス)はフィリピンでの操業36年周年を迎えるにあたり、同国における最新の投資として、約3千万米ドル相当の新たな施設の開業について発表しました。 この17,000平方メートルの施設は2021年4月に開業予定で、最新の設備を装備し、貨物の仕分け能力は毎時9,000個になります。 また、この施設には大型かつ特に重いフレイト貨物処理専用のエリアも作られる予定です。 このゲートウェイ施設の開業により、クラークの従業員は800人を超えると考えています。 フェデックス フィリピンのマネージングディレクター、ジョン・ピーターソンは次のようにコメントしています。「クラーク国際空港が拡張し、通関業務が24時間化している今、フェデックスのフィリピンのゲートウェイをクラークに移すことで、フィリピン全土のお客様に対する我々のサービス提供能力が高まります。 ルソン島北部やセブ島のお客様は集荷の終了時間が延長され、ルソン島北部への配達時間は平均2時間短縮される予定です。 また、お客様のあらゆるニーズに応えるマニラの施設は継続して運営します。フィリピン政府が現在進めているインフラプロジェクトにより、ルソン島北部、マニラ首都圏、ルソン島南部間の移動時間が短縮されます。 今回のフェデックスの施設移転は、マニラ首都圏の混雑緩和を目指した政府の取り組みをサポートするものです。 」 フィリピンのアーサー・トゥガデ運輸大臣は次のように述べています。 「フェデックスは、最先端のゲートウェイ施設をクラークに開業することで、この地域への投資の重要性を証明しました。このスマートで緑豊かな新しいメトロポリスは戦略的かつ可能性に満ちており、私は、フェデックスの選択は正しかったと思います。 北部でのフェデックスの事業拡大は、国全体で移動のしやすさと接続性を高めるために我々が構築している運輸インフラプロジェクトを補完するものとなるでしょう。」 「フィリピンの新興経済拠点であるクラークに、フェデックスを迎えることができ、非常に嬉しく思います。 その戦略的なロケーション、インフラと接続性の改良、ビジネスのしやすさゆえに、クラークはフェデックスなどの世界的企業が事業を拡大するうえで、理想的な拠点です。」と、フラッグシップ・プログラムおよびプロジェクトの大統領補佐官を務めるビンス・ディゾン長官は語ります。 クラーク国際空港公社のアーロン・アキノ社長は「活気あふれるクラークの民間航空複合施設へのフェデックスの投資に、我々は満足しています。CIAC(クラーク国際空港公社)も同様に、クラーク広域圏での雇用創出と経済成長継続を目的とした互恵的パートナーシップ継続に取り組んでいます。」と述べました。 この動きは、フィリピンおよびアジア太平洋全体という重要な地域において、サービス領域とお客様体験を高めるためにフェデックスが行っている、一連の戦略的投資の中で最新のものです。 「今年フィリピンでの操業36年周年を迎えることができたことを、我々は誇りに思います。 今回の最新の投資は、フィリピンのお客様や従業員への長期的取り組みをさらに強化するでしょう。」 とピーターソンは強調します。 2018年、フェデックスはさらなるコラボレーションや教育の推進、柔軟な労働環境の提供、そして従業員の通勤状況の改善を目的に、マカティのフィリピン本社を改装して最新技術を装備しました。 2017年、フェデックスは215万米ドルを2つの施設に投資しました。 タギッグのボニファシオ・グローバルシティに所在するフィリピンITセンターは、アジア太平洋地域における第3のソフトウェア開発センターで、同地域におけるソリューションの推進を目的としています。 一方、クラークのアジア太平洋地域貿易促進センター(APAC Trade Facilitation Center)は、データ管理を含む通関準備作業やプロファイルマッチングなどの管理業務を行い、日本やシンガポールをはじめとする各アジア太平洋の市場をサポートしています。 フェデックスは2016年にTNTを買収し、その輸送およびネットワークを世界中で拡大しています。

More

August 27, 2020

2020 JAアジアパシフィック カンパニー・オブ・ザ・イヤー大会で、 グアムの若き起業家たちがフェデックス アワードを受賞

香港特別行政区、中国、2020年8月 27日  – ジュニア・アチーブメント(JA)が行う「2020 ジュニア アチーブメント(JA) アジアパシフィック カンパニー・オブ・ザ・イヤー」の決勝大会が開催され、グアム代表の学生企業Pasiadotの起業家たちが、「フェデックス・グローバル・ポシビリティーズ・アワード」を受賞しました。フェデックス エクスプレス(フェデックス)により提供されるこの賞は、次世代のイノベーターに対して贈られるもので、当プログラムは、若者の起業家精神を育む上で重要な役割を果たしています。   この賞は毎年、革新的で、持続可能性と社会的責任とともに新しい市場への拡大を提案し、地域社会を盛り上げるビジネス アイデアを生み出したチームに授与されます。 Pasiadotは、グアムの文化を反映した竹製の再利用可能なカトラリーセット(箸・スプーン・ナイフ・フォーク・とストロー)を開発しました。旅行などにも手軽に携帯できる設計したという優れたアイデアで、審査員の注目を集めて受賞しました。   「フェデックス・グローバル・ポシビリティーズ・アワード」に加えて、当プログラムでは2020 JAアジアパシフィック カンパニー・オブ・ザ・イヤー賞の受賞者も発表されました。最優秀賞は、役目を終えた広告などの横断幕を再利用した、耐久性に優れた多機能バッグを開発したシンガポール代表のRevival。第二位は、バックにも変身する多数収納ポケットの万能ジャケットを提案した、インドネシア代表のEmi Student Company。第三位は、地域住民や観光客がゲームを通してブルネイの文化を学ぶことができる、カードゲーム「BAH」 を提案したブルネイ代表のBruFinitiでした。   当プログラムは当初、2020年3月にグアムに集まって開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により延期され、今年初めてオンラインによる開催となりました。プログラム開催の形態が変化しても、フェデックスは学生の学習意欲を刺激し、学びの機会を提供し続けます。   フェデックスのアジア太平洋・中東・アフリカ(AMEA)地域 社長、カワール・プリットは次のように述べています。「このプログラムと弊社が提供する賞は、次世代の起業家を刺激し、育成するための素晴らしい基盤です。このプログラムがアジア太平洋地域の若い才能に、世界貿易の経験と起業家精神の基本を提供しているのを見ると大変うれしく思います。 フェデックスはこのような困難な時期にあっても、オンライン プログラムを通じて将来のビジネスリーダーを支援し、教育するためにさまざまな方法を採用することが大変重要だと考えています。」   2011年に開始された2020 JA アジアパシフィック カンパニー・オブ・ザ・イヤー大会は、高校生に経済とビジネススキルの基本教育を提供することにより、実際のビジネスを立ち上げて運営する能力を身に付けることを目的としています。今年の大会には、11の国と地域(ブルネイ、中国、グアム、香港、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、トルクメニスタン)を代表する17の学​​生企業が参加して、ビジネス アイデアを競いました。

More

August 5, 2020

フェデックス エクスプレス、輸送中の貨物の状態をリアルタイムで可視化するSenseAware を提供開始

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、代表者:氏家 正道)は、輸送中の貨物の状態をリアルタイム*[1]にモニタリングすることができるサービスSenseAware® (センスアウェア)を提供開始しました。   SenseAwareは、マルチセンサーを搭載するSenseAware機器を貨物に同梱し、輸送中に発信するシグナルをお客様が*[2]オンラインでモニターすることで、貨物の状態を可視化します。これにより、貨物の位置、温度、湿度、露光、気圧、衝撃*[3]の6つの項目について、リアルタイムに状態を確認することができるようになります。   当サービスは特に、ヘルスケア業界のお客様からお預かりする検体や、研究・開発段階の薬品などのように、温度に敏感で代替品がない貴重な物品の輸送モニタリングに最適です。SenseAwareは利用前に、輸送中の貨物に関するデータの報告頻度を設定して、温度変化などの異常を知らせるアラートを受け取ることができます。また、その情報は第三者とも共有することができます。これらの機能を活用することで、お客様が貨物の状態の異常を知らせるアラートを受け取った場合には、フェデックスに対し輸送中の対処を依頼することもでき、守るべき温度帯や条件での輸送の継続に役立ちます。   また、位置情報や露光のセンサー機能を活用して、試作品や宝飾品などの高価格品の輸送ルートや梱包開封の有無の確認ができ、貨物のセキュリティをチェックする目的でも効果を発揮します。   フェデックス エクスプレス 北太平洋・南太平洋地区担当上級副社長の氏家正道は次のように述べています。「輸送中の貨物の状態をリアルタイムに知ることと、貨物が到着してから、温度ロガー等に蓄積された輸送中の貨物のデータを確認することには大きな違いがあります。リアルタイムの情報をお客様と我々が効果的に共有できれば、輸送中に起こった貨物の異常に対処することも可能になるためです。SenseAwareがもたらす情報は、輸送の安全と品質を保つためのプロアクティブな行動へのトリガーとなるのです。」   SenseAware は、フェデックスの輸送サービス利用時のオプションとして提供されます。世界各地へ時間厳守の配送を行うフェデックス・インターナショナル・プライオリティ(IP)、あるいはフェデックス・インターナショナル・プライオリティ・フレイト(IPF)を利用するお客様を対象に、事前の申し込みにより貨物に同梱するSenseAware機器を貸与し、オンライン・モニタリングの設定を行います。   SenseAwareによる貨物のモニタリングは、日本を含む世界約50か国で利用可能です。また、フェデックス エクスプレスを含む120以上の航空会社を利用する貨物に同梱 *[4]することができます。 SenseAware およびサービスに関する詳細は、https://www.senseaware.com/(英文のみ)を参照ください。 [1] SenseAware機器が航空機に搭載されいている時間帯はデータ通信を停止し、データの蓄積を継続します。 [2] フェデックスの担当者によるモニタリングには、別途申し込みが必要です。 [3] 日本国内で契約するSenseAwareサービス では、「衝撃」のモニタリングは使用できません。日本国外で契約されたSenseAware サービスによる日本への輸入貨物の「衝撃」のモニタリングには別途申し込みが必要です。 [4]SenseAware 機器のモデルにより利用できない国、また搭載できない航空会社があります。

More

May 18, 2020

フェデックス エクスプレス、カワール・プリットをアジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域の社長に任命

香港特別行政区、中国、2020年5月 18日  – フェデックス エクスプレス (NYSE: FDX)は、アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域の社長にカワール・プリットを任命したことを発表しました。   プリットは、フェデックス エクスプレスの北太平洋および南太平洋地区[1]のオペレーション担当上級副社長務め、新職には2020年6月1日付で就任します。プリットは、2015年1月からアジア太平洋地域社長であった、カレン・レディントンの後任です。なお、レディントンは、ヨーロッパ地域担当社長とTNTのCEOを兼任します。   プリットは新たな役職において、企業戦略全体およびオペレーションの計画と実行への指揮を執ります。アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域はフェデックス エクスプレスがサービスを提供する地域の半数近くに相当し、プリットは、103の市場で勤務する約40,000人の従業員を率いることになります。   フェデックス エクスプレスの社長兼CEO、ドン・コレランは、以下のように述べています。 「アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域の社長を引き継ぐプリットに対し、大いに期待しています。プリットはこの業界のベテランであり、フェデックスでの豊富な経験を有しています。長年に渡り、強力なリーダーであることを何度も実証し、アジア太平洋のオペレーションを新たな高みへと導くのに貢献してきました。我々のAMEA事業が彼女のリーダーシップの下で成長していくのを見るのを楽しみにしています。また、ヨーロッパ地域を引き継ぐアジア太平洋地域担当社長のカレン・レディントンの傑出した貢献に、感謝しています。」   プリットのフェデックスでのキャリアは次の通りです。1997年、シンガポールのフェデックス エクスプレスにアソシエート エンジニアとして入社。昇進を重ね、サービス品質保証、グランドオペレーション、航空・地上ネットワークのプランニングとエンジニアリング部門で職務を歴任した後、グローバル市場へのアクセス向上に熱心に取り組み、数多のお客様のビジネスを可能性へと結びつけました。   フェデックス エクスプレスのアジア太平洋、中東、アフリカ地域社長、カワール・プリットは、以下のように述べています。 「才能も経験もあるリーダーシップに富んだチーム、そしてグローバルな取引とビジネスの機会に恵まれた新たな地域のリーダーを務めるのは、恐れ多くもあり名誉でもあります。我々が注力するポイントは変わりません。それは、日々Purple Passionを発揮するフェデックスの強力なチームのパワーを活用し、お客様にPurple Promise(優れたフェデックス体験)をお届けすることです。」   フェデックスは継続して、人を最優先に考える理念を掲げていることを誇りとし、長年に渡り組織内の優れた人材の育成を行っています。世界全体のフェデックス マネージメントチームにおいて、半数を超える人材が昇進を繰り返し、今ある地位を獲得しています。 [1] 中国本土とモンゴルを除く

More

May 7, 2020

フェデックス、新型コロナウイルス(COVID-19)の対策支援を継続

香港特別行政区、中国、2020年4月29日 – フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレスは、輸送サービスの無償提供と、非営利組織と協力した救援活動を継続しており、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大防止を支援しています。中国から世界中の国々へ輸送される救援物資は、慈善団体のダイレクト・リリーフとハート・トゥ・ハート・インターナショナルにより、医療サービスが十分に受けられず弱い立場にある人たちを含め、最も重大な公衆衛生上のニーズを抱えた医療機関に届けられます。   フェデックスは、フェデックス・ケアズ”Delivering for Good”の取り組みの一環として、迅速な輸送を提供しており、これまでに以下の救援物資を輸送しています。   4月3日以降、ダイレクト・リリーフと協力し、約300万枚の医療用マスクを含む3回分の物資を、中国から米国カリフォルニア州サンタバーバラまで輸送。これらは、4月13日にメリーランド州緊急事態管理庁(マスク100万枚)、マサチューセッツ州緊急事態管理庁(マスク50万枚)、デラウェア州(マスク30万枚)に配送されました。残りの120万枚のマスクは、米国の診療所や病院に供給されます。 4月16日、ハート・トゥ・ハート・インターナショナルと協力し、中国・深圳から米国カンザス州カンザスシティ地域の病院と救急対応にあたる方々向けに医療用マスク17万枚を輸送。 4月19日、米国の診療所と病院に提供される防護用フェイスガード5万個を、中国から米国ダイレクト・リリーフ宛てに輸送。 4月24日以降、ダイレクト・リリーフと協力し、医療用マスク37万5,000枚を中国からメキシコ(35万枚)、エクアドル(1万5,000枚)、ペルー(1万枚)に輸送。   1月末以降、フェデックスは、175米トン以上、1,500回の出荷分の人道支援物資の無償輸送サービスを、ダイレクト・リリーフ・インターナショナル、インターナショナルメディカルコープス、ハート・トゥ・ハート・インターナショナル、その他非営利組織に提供してきました。それらには4,449,230 枚を超えるマスク、100万個を超えるガウンや手袋等の個人防護具が含まれています。   フェデックスは、緊急に必要とされる医療品を輸送する貢献活動の他にも、業務や生産が再開される中国やアジア太平洋地域のお客様への継続した支援も提供しています。   220の国と地域をつなぐグローバルな物流ネットワークを擁するフェデックスは、毎週270フライト以上の中国発着の国際航空貨物便を運航し続けています。   フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域担当社長のカレン・レディントンは、次のように述べています。「フェデックスは、COVID-19の発生以来、現地の条件とガイドラインを遵守しつつ、感染症の発生地域において不可欠な医療物資の輸送をサポートしてきました。制限の解除とともに中国が正常に戻ろうとする中、我々は企業およびサプライチェーンの普及を支援し、貿易を促進し、現地の経済を支えています。」   さまざまな業界のお客様のニーズに対応するために、フェデックスは「ワンストップ」ソリューションと、輸送中の積荷の追跡および監視するカスタムサービスをお客様へ提供し、納期どおりに生産ラインへ届けることにより、お客様が生産と在庫の最適なバランスを取り、効率的なオペレーションを確保できるよう支援しています。

More

March 9, 2020

フェデックス、2019年度「スチューデント・シティ」の活動を完了

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、2019年5月から2020年2月に開催された2019年度「スチューデント・シティ」への支援活動を完了しました。今年度は品川区内35の小学校から、5年生約2,400人がプログラムに参加し、フェデックスの模擬ワールド・トレード・センター(フェデックスブース)で仕事を体験することで、社会や経済の仕組みの基本を学びました。   「スチューデント・シティ」は、経済教育団体である公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が行う、体験型経済教育プログラムです。児童は品川区立品川学園内に再現された街「スチューデント・シティ」の住人となり、ものやサービスを「受ける生活者側」と「供給する企業側」を交互に体験します。   フェデックスのブースで仕事を体験する児童は、配送担当者、営業担当者、マネジャー、会計担当者などの役割を担います。児童は、事前に準備したはがきとその国際輸送サービスの販売、また「スチューデント・シティ」内の別の企業の商品配送を請け負うことで、輸送ビジネスを経験しました。また、コストを考えながら、はがきや輸送サービスの販売価格を自らが決定し、販売戦略を考えるミーティングを何度も行って様々なアイデアを出し合い、「利益を出す企業になる」というゴールに挑戦しました。   フェデックスは、世界中で行う社会貢献活動において「教育支援」を重要分野のひとつとして位置づけ、2011年から「スチューデント・シティ」の活動を支援しています。プログラムに参加する児童がフェデックスの従業員として仕事を経験することで、物流サービスがどのように人々や企業に可能性をもたらすことができるかを学べる機会を提供してきました。フェデックスは社会貢献活動の新たな目標として「FedEx Cares 50 by 50」を掲げ、2023年の会社創立50周年までに、世界5,000万の人々へのサポートを届けるために取り組んでいます。   「スチューデント・シティ」プログラムの詳細とジュニア・アチーブメント日本については、以下のURLをご確認ください。 http://www.ja-japan.org/education/student-city.html

More

February 5, 2020

フェデックス 支援団体ダイレクト・リリーフによる中国・広州向け 医療用品の輸送第一弾を完了

香港特別行政区、中国、2020年1月31日 ― フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレスは、ダイレクト・リリーフの人道支援活動に協力して、20万枚超の医療用マスク、および個人用防護ガウンや手袋を米国から輸送しました。輸送品は1月30日朝に中国の広州白雲国際空港にある、フェデックス アジア太平洋地域ハブに到着しました。 フェデックスは、緊急医療機器を速やかに配達するために広州から武漢への救援物資配送を調整している中国郵政に、これらの医療用品を届けました。 さらにフェデックスは、ダイレクト・リリーフとの協力による広州向けの医療用品第二弾の輸送を手配しています。この輸送には保護マスク、手袋、その他の防護用具が含まれる予定です。

More

Media Contacts

United States:
Contact U.S. Media Team

Canada:
905.212.5393

Latin America:
786.388.4698

Europe:
32.2.752.7725
Email Europe Media Team

Middle East, Indian Subcontinent & Africa:
9714.309.1222

Asia & Pacific:
852.2514.0813