Skip to main content

FedEx Newsroom

Latest Asia Pacific News

August 17, 2020

FedEx Awarded “Best Supply Chain Hub in Asia” at the Asia-Pacific Bioprocessing Excellence Awards 2020

SINGAPORE, August 12, 2020 — FedEx Express (FedEx), a subsidiary of FedEx Corp. (NYSE: FDX) and the world’s largest express transportation company, was named the “Best Supply Chain Hub in Asia” for their Singapore hub. The award came from the annual IMAPAC Asia Pacific Bioprocessing Excellence Awards 2020 program. The program recognizes top bioprocessing and

More

April 29, 2020

FedEx Continues to Assist in Overcoming the COVID-19 Outbreak

Hong Kong SAR, China, April 29, 2020 – FedEx Express, a subsidiary of FedEx Corp (NYSE: FDX) and the world’s largest express transportation company, has continued to donate shipping services and work with nonprofits to proactively support with relief efforts, helping prevent spread of the COVID-19 worldwide. These relief supplies shipped from China to the

More

November 20, 2020

FedEx 連續兩年榮獲香港「中小企業最佳拍檔」獎項

香港,2020年11月20日 — FedEx Corp.(紐約證交所股份代號:FDX)旗下附屬公司兼全球其中一家最具規模的速遞運輸公司FedEx Express(FedEx)連續第二年獲《香港中小型企業總商會》頒發「2020中小企業最佳拍檔」獎項。此獎項旨在表揚企業和機構對香港中小企業發展的傑出貢獻。 FedEx Express香港及澳門董事總經理梁銘添表示:「我們很榮幸能再次獲頒此獎項。FedEx一直致力協助企業把握環球市場機遇,憑藉我們的全球運輸網絡,在這段艱難時刻,仍然維持網絡的靈活性,繼續為客戶提供服務。隨著小型企業在帶動社區復甦繼續扮演著重要角色,我們正積極提升我們的營運水平,如推出「非接觸式」運送服務和FedEx Delivery Manager 等數碼工具,讓客戶,尤其是中小企業,更方便地選用FedEx運輸解決方案。」 FedEx 致力為企業提供適時的支援,協助他們在瞬息萬變的營商環境下蓬勃發展。由即日起,客戶於fedex.com 開立公司或個人帳戶,即可透過「Ship More, Save More」計劃享有高達55%[1] 運費折扣優惠。此外,FedEx近日亦與香港共享工作空間theDesk 合作推出優惠計劃,讓theDesk 會員享有運費折扣及其他由FedEx銷售團隊提供的專屬支援服務[2]。 [1] 須受條款及細則所限。 [2] FedEx Express and theDesk Powering Hong Kong Start-Ups and Small and Medium Businesses to Go Global: https://newsroom.fedex.com/newsroom/fedex-express-and-thedesk-powering-hong-kong-start-ups-and-small-and-medium-businesses-to-go-global/ [3] 須受有關條款及細則所限。

More

November 20, 2020

FedEx Named ‘Best SME Partner’ in Hong Kong for Second Consecutive Year

Hong Kong SAR, China, Nov. 20, 2020 — FedEx Express, a subsidiary of FedEx Corp. (NYSE: FDX) and one of the world’s largest express transportation companies, has been recognized as one of the Best SME Partners at the 2020 Hong Kong General Chamber of Small and Medium Business Awards Ceremony in Hong Kong for the

More

November 12, 2020

FedEx Joint CSR Program with AnQ Safety Awakening Successfully Wraps Up

SHANGHAI, Nov. 12, 2020–The AnQ Safety Awakening Class series, launched by FedEx Express, a subsidiary of FedEx Corp. (NYSE: FDX) and one of the world’s largest express transportation companies, Tongdao, recently wrapped up successfully. The program teaches about safety and health scenarios in homes, schools and daily life. Through its first joint internet-based CSR program,

More

November 12, 2020

联邦快递“AnQ唤醒云课堂”联合公益活动圆满收官

上海,2020年11月12日——全球最具规模的速递运输公司之一联邦快递携手非营利组织“同道e公益”推出的“AnQ唤醒云课堂”儿童安全健康教育公益活动于近日圆满收官。该项目是“新常态”下针对儿童的创伤预防和健康教育而打造的云端课堂。作为联邦快递首个以互联网公益为基础的联合企业社会责任项目,“AnQ唤醒云课堂” 融合了多方力量,利用云端技术和创新教育模式,有效将安全健康知识传递到更广范围。 自8月20日上线以来,“AnQ唤醒云课堂”共组织授课84场次,惠及了来自北京、上海、广州、深圳、成都、武汉、杭州、西安、新疆等全国13个城市的26,833名儿童。共计397名志愿者参与并提供了专业的志愿服务,其中包括188名联邦快递志愿者和209名联邦快递客户志愿者。 “AnQ唤醒云课堂” 上线后迅速获得了联邦快递企业内部、合作伙伴、客户志愿者和地方专业人士的积极响应。在为期两个月的活动中,“AnQ唤醒云课堂”吸引了众多来自全国各地致力于儿童安全教育的志愿者讲师们加入“云课堂”。此外,配合线上授课的形式,“云课堂”也先后走进上海、成都、深圳等城市及周边县市的社区、幼儿园、小学开展线下授课。结合家庭、学校和日常生活中关注的安全健康教育场景,志愿者们以寓教于乐的方式为孩子们传递安全健康知识。“AnQ唤醒云课堂”安全健康教育创新模式实现了多方的联合,为更大范围内提升儿童安全健康意识的行动提供了有价值的参考。 疫情防控“新常态”下,互联网平台和数字技术能够有效扩大企业社会责任项目的覆盖面,并能更加精准地触达目标人群。此次“AnQ唤醒云课堂”是联邦快递在以互联网公益为基础的联合企业社会责任项目领域的一次有意义的尝试,联邦快递将继续结合自身优势,发挥互联网公益的创新性,联合社区、合作伙伴、客户等相关方,共建公益生态,进一步提升企业社会责任项目的价值。

More

November 8, 2020

FedEx Media Alert: FedEx Supports SMEs Back-to-Business Plans with Discounts for Online Shippers

FedEx Express (FedEx), a subsidiary of FedEx Corp (NYSE: FDX) and the world’s largest express transportation company, is offering up to 50% discounts* to small and medium-sized customers who open online accounts beginning November 4. The “Ship More, Save More” program is open to Corporate and Personal Shippers. Customers who enroll in the program can

More

November 2, 2020

松本義則(マネージング ディレクター、ジャパン オペレーションズ)が 日本におけるフェデックス エクスプレスの代表を務める

2020年 11月2日、日本・東京 —フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレス(以下、フェデックス)は、2020年11月1日付で、松本義則(マネージング ディレクター、ジャパン オペレーションズ)が、日本におけるフェデックスの代表者の役割を務めることを発表します。松本はこれまで通り、日本における空港および地上オペレーション業務、通関業務全般を管理するとともに、今後は日本に勤務する約2,000人の従業員を率いて参ります。   松本は通関業務のエキスパートであり、長きにわたりフェデックス エクスプレスに勤務し、その成長と発展に寄与してきました。1988年に、日本における通関業務担当者として入社。1992年に同部門のマネージャーに 、1996年にはシニア マネージャーに昇進しました。2007年には、当時新設された新砂営業所(東京都江東区)における、24時間の通関業務体制の立ち上げに尽力。2014年は、空港業務を統括する責任者として、関西国際空港内での北太平洋地区ハブの開設に携わりました。同施設は、貨物の集約と積み替え拠点として、アジア太平洋地区、南北アメリカ大陸そして欧州のお客様の輸送ニーズに応える施設です。   2015年には、マネージング ディレクターに昇進。日本における通関業務と、成田国際空港および関西国際空港における空港業務を統括し、2018年に、日本のオペレーション業務全てを担当する、マネージング ディレクター、ジャパン オペレーションズに就任しました。   フェデックスは今回の松本の新たな役割に加えて、以下のアジア太平洋地域におけるマネジメント人事を発表します。   2020年10月15日、北太平洋地区担当副社長としてジェレミ・ゴールドストリッチが、フェデックスに入社。ゴールドストリッチは、フェデックスの北太平洋地区(日本、韓国、台湾、香港、グアム及びサイパン)におけるオペレーション業務全般の責任を担います。 2020年6月、氏家正道が、北太平洋・南太平洋地区担当上級副社長に昇進。氏家は北太平洋地区と、東南アジア、オーストラリア及びニュージーランドにおける、企業戦略とオペレーション業務全般の計画および遂行を統括します。   フェデックスは新型コロナウイルス感染拡大による影響からの回復を目指し、お客様と継続して連携し、お客様のビジネスを積極的に支援して参ります。この力強いリーダーシップの下、多様化し絶えず変化するお客様の輸送ニーズに適切に応えるため、輸送ネットワークやオペション業務、サービスの革新および強化に努めて参ります。

More

Media Contacts

United States:
Contact U.S. Media Team

Canada:
905.212.5393

Latin America:
786.388.4698

Europe:
32.2.752.7725

Middle East, Indian Subcontinent & Africa:
9714.309.1222

Asia & Pacific:
852.2514.0813