Skip to main content

FedEx Newsroom

Latest Asia Pacific News

March 4, 2021

联邦快递承诺到2040年实现碳中和运营

雄心勃勃的计划旨在推进碳固存解决方案,包括实现全球包裹运输车队电动化和建立耶鲁大学自然碳捕集中心

More

August 26, 2019

千禧企業家展現創新思維 成就無限可能

香港,2019年8月26日 — 今年的「2019 FedEx Express/青年成就之國際貿易挑戰賽」亞太區總決賽於馬來西亞吉隆坡舉行,並由香港及新加坡學生組成的隊伍於總決賽中獲勝。今年,決賽隊伍為醫療器材制定開拓德國市場的市場計劃。Prost隊伍由來自香港的Noelle Pang 及來自新加坡的 Kenneth Tee組成,以「 Prost 智能手錶」擊敗來自亞太區的29支隊伍。該產品透過人工智慧技術監測及調節酒精攝取量,幫助使用者降低患上肝臟及慢性疾病風險,長遠改善健康。 來自香港的Noelle Pang 及新加坡的 Kenneth Tee 表示:「眾多參賽隊伍均表現出色,因此我們特別高興仍能勝出。是次挑戰賽是一個超凡的學習體驗,透過學習新的技巧和工具,我們有信心踏入商業世界,實現成為全球領先企業家的夢想。」 Pioneers 隊伍以「 The Cardiator」獲亞軍。該隊伍由來自馬來西亞的 Shamita Sheetal 及越南的 Trang Hoang 組成,他們的產品「The Cardiator」透過偵測使用者於潛在心臟病發前5至6小時內心臟酵素的水平升高,藉以抑制心血管疾病。 Rife 隊伍以「Eartaps」助聽器獲季軍。該隊伍由來自香港的 Nydia Lee 及馬來西亞的 Shveenita Alyza Kanapathy組成,他們的產品「 Eartaps」為長者而設,配有自動感應系統,能即時因應環境噪音水平自動調節。 FedEx Express 亞太區總裁蕙嘉琳(Karen Reddington )表示:「 FedEx 一直致力連繫全球各種機遇,我們很高興能成為『FedEx/青年成就之國際貿易挑戰賽』的一份子,培養青年創業精神,協助他們成為未來商業領袖。我們亦希望能啟發年輕企業家大膽創新,放眼全球。即使一個小小的商業概念,也能透過全球網絡成就無限機遇。」 JA亞太區總裁劉少坤表示:「對來自亞太區的年輕企業家而言,這是個令人興奮的里程碑。『 FedEx/青年成就之國際貿易挑戰賽』不但為這些年輕企業家提供了所需的商業知識及實戰技巧,而且能助他們連繫世界,追尋夢想,發揮無限潛能。」 FedEx Corp.(紐約證交所股份代號:FDX)旗下附屬公司兼全球最具規模的速遞運輸公司FedEx Express與JA Worldwide成員之一的青年成就亞太區合作舉辦「FedEx/青年成就之國際貿易挑戰賽」。到今天,該挑戰賽已啟發並惠及超過22,800名青年,並透過課堂學習及團隊實戰活動,讓他們學懂創業精神,了解商業世界、經濟及國際貿易。 踏入第13年,「FedEx/青年成就之國際貿易挑戰賽」的規模擴大: 2007年, 只有來自三個地區的295名學生參賽;而今年,參賽學生已逾2,716名,來自十個地區[1]。 [1] 澳州、中國、香港、日本、馬來西亞、菲律賓、新加坡、南韓、泰國及越南

More

January 26, 2022

FedEx Launches AI-powered Sorting Robot to Drive Smart Logistics

Hong Kong SAR, China, January 26, 2022 — FedEx Express, a subsidiary of FedEx Corp. (NYSE: FDX) and one of the world’s largest express transportation companies, announced the launch of DoraSorter – an AI-powered intelligent sorting robot – in collaboration with Dorabot, a leading robotics solution provider for logistics. The sorting robot represents the company’s

More

January 26, 2022

联邦快递启用人工智能分拣机器人推动智能物流

上海,2022年1月26日——联邦快递集团(纽约证交所股票交易代码:FDX)旗下附属公司兼全球最具规模的速递运输公司之一联邦快递宣布与为物流提供领先机器人解决方案的蓝胖子机器智能Dorabot公司(下称“蓝胖子”)合作,启用人工智能驱动的智能分拣机器人DoraSorter。使用智能分拣机器人代表了联邦快递在数字化运营和建立智能物流网络方面的最新努力,以处理不断增长的电子商务货运量。 作为联邦快递在中国投入使用的首个分拣机器人,DoraSorter被用于联邦快递位于广州的华南电子商务货件分拣中心,该中心占地面积约为5200平方米。DoraSorter已经投入到日常分拣工作,能够处理来自华南地区电子商务客户的进出口小型包裹。联邦快递和蓝胖子团队会根据操作要求对机器人不断进行调整,并探索更多的应用场景。DoraSorter核心功能可以根据包裹的目的地进行分拣操作,从而配合分拣中心的总体操作流程。该机器人的主要特点包括: 占地面积约40平方米,最高可承载10公斤包裹,最多可同时操作100个目的地流向 采用特制抽屉状“爪手”,能够与传送带无缝衔接 条形码读取器扫描包裹条形码获取目的地信息,“爪手”从传送带接收包裹, 随后将包裹移动至相应目的地格口投放包裹。 联邦快递对仓库自动化的投资与物流行业的总体发展趋势相呼应。在全球疫情的触发下,物流企业从仓库管理到“最后一公里”的派送,不断优化运营效率,以应对电子商务产品[1]需求的巨量增长、季节性业务高峰,以及消费者对运输时效性的更高期望。根据麦肯锡公司的数据,预计到2030年全球仓库自动化市场规模将达到510亿美元[2]。到2025年,超过400万个商业机器人将被应用于5万多个仓库[3]。 联邦快递亚太、中东和非洲地区总裁裴佳华表示:“随着电子商务在我们地区未来的零售业中占据中心地位,上门取派件的速度已经成为推动分拣机器人应用的主导因素。鉴于中国是全球最大的电子商务市场,并且到2025年预计其市场估值将达3.3万亿美元,将DoraSorter作为试点项目引入中国是一个自然选择。我们希望建立一个由数据驱动的智能物流网络,以帮助我们的客户在数字经济中发展自己的业务,与蓝胖子的合作是我们建立未来网络的一项举措。人工智能驱动技术将继续改变我们支持该地区客户的方式,并提升未来的供应链。” 联邦快递中国区操作副总裁朱泰浩表示:“创新是我们的核心,也是联邦快递在中国发展策略的主要因素。我们一直探索和投资各种新技术来提升运输的每一个关键环节,以满足不断变化的客户需求。电子商务的快速增长使客户对物流服务的时效性和灵活性提出了更高的要求,为整个物流行业带来机遇和挑战。与蓝胖子的合作是我们通过机器人技术提升操作效率,构建敏捷物流基础架构的最新努力,并以此支持中国电子商务行业的发展。” 蓝胖子创始人兼CEO邓小白表示:“此次蓝胖子智能分拣机器人DoraSorter落地联邦快递,助力联邦快递应对海量跨境电商包裹的分拣工作,是蓝胖子与联邦快递全球合作的起点。我们期待与联邦快递共同把人工智能和机器人的应用成果带给更多的企业与消费者。” 联邦快递不断利用先进技术来简化操作,并帮助中国和其他国家和地区的各种规模客户抢占全球市场商机。去年10月,联邦快递与新石器公司合作,在中国测试自动驾驶递送车。联邦快递还在亚太、中东及非洲地区测试了联邦快递SameDay Bot®自动派送机器人Roxo™,以探索未来无人接触式“最后一公里”递送。此外,联邦快递还推出了一种由传感器驱动的物流设备——SenseAwareID,旨在加强急救药品和紧急医疗物资等关键货物的跟踪精度、运输可靠性和时效性。   [1] https://www.kantar.com/inspiration/coronavirus/ecommerce-soaring-during-covid-19 [2] https://www.mckinsey.com/industries/retail/our-insights/automation-has-reached-its-tipping-point-for-omnichannel-warehouses [3] https://www.abiresearch.com/press/50000-warehouses-use-robots-2025-barriers-entry-fall-and-ai-innovation-accelerates/

More

January 26, 2022

聯邦快遞啟用人工智慧分揀機器人 實現最後一哩路物流

台北,2022年1月26日——聯邦快遞集團(紐約證交所股票交易代碼:FDX)旗下附屬公司兼全球最具規模的速遞運輸公司之一聯邦快遞,宣佈與為物流提供領先機器人解決方案的藍胖子機器智慧Dorabot公司(下稱「藍胖子」)合作,啟用人工智慧驅動的智慧分揀機器人DoraSorter,具體展現聯邦快遞在數位化運營和建立智慧物流網路方面的成果,以處理不斷增長的電子商務貨運量。   作為聯邦快遞在中國投入使用的首個分揀機器人,DoraSorter使用於聯邦快遞位於廣州的華南電子商務貨件分揀中心,該中心占地面積約為5200平方公尺。DoraSorter已經投入到日常分揀工作,能夠處理來自華南地區電子商務客戶的進出口小型包裹。聯邦快遞和藍胖子團隊會根據操作要求對機器人不斷進行調整,並探索更多的應用場景。DoraSorter核心功能可以根據包裹的目的地進行分揀操作,從而配合分揀中心的總體操作流程。該機器人的主要特點包括: 占地面積約40平方公尺,最高可承載10公斤包裹,最多可同時操作100個目的地流向 採用特製抽屜狀「爪手」,能夠與傳送帶無縫銜接 條碼讀取器掃描包裹條碼獲取目的地資訊,「爪手」從傳送帶接收包裹, 隨後將包裹移動至相應目的地格口投放包裹   聯邦快遞對倉庫自動化的投資與物流行業的總體發展趨勢相呼應。在全球疫情的觸發下,物流企業從倉庫管理到「最後一哩路」的派送,不斷優化運營效率,以應對電子商務產品[1]需求的大量增長、季節性業務高峰,以及消費者對運輸時效性的更高期望。根據麥肯錫公司的資料,預計到2030年全球倉庫自動化市場規模將達到510億美元[2]。到2025年,超過400萬個商業機器人將被應用於5萬多個倉庫[3]。   聯邦快遞亞太、中東和非洲地區總裁裴佳華表示:「隨著電子商務在我們地區未來的零售業中佔據中心地位,上門取派件的速度已經成為推動分揀機器人應用的主導因素。鑒於中國是全球最大的電子商務市場,並且到2025年預計其市場估值將達3.3萬億美元,將DoraSorter作為試驗專案引入中國是一個理所當然的選擇。我們希望建立一個由資料驅動的智慧物流網路,以幫助我們的客戶在數位經濟中發展自己的業務,與藍胖子的合作是我們建立未來網路的一項舉動。人工智慧驅動技術將繼續改變我們支援該地區客戶的方式,並提升未來的供應鏈。」   聯邦快遞中國區操作副總裁朱泰浩表示:「創新是我們的核心,也是聯邦快遞在中國發展策略的主要因素。我們一直探索和投資各種新技術來提升運輸的每一個關鍵環節,以滿足不斷變化的客戶需求。電子商務的快速增長使客戶對物流服務的時效性和靈活性提出了更高的要求,為整個物流行業帶來機遇和挑戰。與藍胖子的合作是我們透過機器人技術提升操作效率,構建敏捷物流基礎架構的最新努力,並以此支援中國電子商務行業的發展。」   藍胖子創始人兼CEO鄧小白表示:「此次藍胖子智慧分揀機器人DoraSorter與聯邦快遞合作,幫助聯邦快遞應對大量跨境電商包裹的分揀工作,是藍胖子與聯邦快遞全球合作的起點。我們期待與聯邦快遞共同把人工智慧和機器人的應用成果帶給更多的企業與消費者。」   聯邦快遞不斷利用先進技術來簡化操作,並幫助中國和其他國家和地區的各種規模客戶搶佔全球市場商機。去年10月,聯邦快遞與新石器公司合作,在中國測試自動駕駛遞送車。聯邦快遞還在亞太、中東及非洲地區測試了聯邦快遞SameDay Bot®自動送貨機器人Roxo™,以探索未來無人接觸式「最後一哩路」遞送。此外,聯邦快遞還推出了一種由感測器驅動的物流設備——SenseAwareID,旨在加強急救藥品和緊急醫療物資等關鍵貨物的追蹤精準度、運輸可靠性和時效性。         聯邦快遞簡介 聯邦快遞是全球最具規模快遞運輸公司之一,在全球220多個國家及地區,致力於提供快捷可靠的快遞服務。聯邦快遞運用覆蓋全球航空和陸運的網絡,確保快速送達分秒必爭的貨件。   藍胖子簡介 藍胖子機器智慧Dorabot(簡稱“藍胖子”)于2015年揚帆起航,是一家有著雄厚技術背景的智慧無人倉儲整體解決方案供應商,運用機器人視覺、運動規劃、規劃和推理、自主導航、多機協作、機器學習等技術,為物流倉儲、零售電商、海港空港、智慧製造等行業客戶,提供包含供件、分揀、運輸、拆碼垛、出入庫、裝卸載等環節的軟硬體相結合的一站式解決方案,助力客戶應對勞動力短缺難題,降低運營成本,提升運營效率,提高數位化及智慧化水準。藍胖子一直堅持人才多元化、市場國際化戰略,在深圳、廣州、香港、順德、杭州、澳大利亞布里斯班、美國亞特蘭大、新加坡和日本東京等地設有研發運營中心,2019年被世界經濟論壇評選為全球“技術先鋒”,2021年獲評“碳中和科創先鋒”。如需瞭解更多資訊,請訪問www.dorabot.com。 [1] https://www.kantar.com/inspiration/coronavirus/ecommerce-soaring-during-covid-19 [2] https://www.mckinsey.com/industries/retail/our-insights/automation-has-reached-its-tipping-point-for-omnichannel-warehouses [3] https://www.abiresearch.com/press/50000-warehouses-use-robots-2025-barriers-entry-fall-and-ai-innovation-accelerates/

More

January 26, 2022

フェデックス、スマートロジスティクスを推進するAI対応仕分けロボットを導入

香港特別行政区、中国、2022年 1月26日 – フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)の子会社のフェデックス エクスプレス(以下、フェデックス)は、物流向けのロボティクス ソリューションプロバイダーであるDorabot社との協力により、AIを搭載したインテリジェント仕分けロボット、DoraSorterを中国にて導入をしたことを発表します。この仕分けロボットは、増え続ける電子商取引関連の荷物に対応するため、フェデックスの輸送業務のデジタル化と、スマートな物流ネットワークの構築を推進する取り組みの一環です。   フェデックスにとって中国初となるDoraSorterは、広州のフェデックス中国南部EC貨物仕分けセンターに(敷地面積5,200平方メートル)に配備されました。DoraSorterは、すでに仕分け業務の一翼を担っており、中国南部のEC関連のお客様の、比較的小さな輸出・輸入貨物を処理しています。 フェデックスとDorabot社のチームは、業務要件に基づくロボットの調整とさらなる応用に向けた探究を続けていますが、各仕向地向けに荷物を仕分けるDoraSorterの中核機能は、仕分けセンターのオペレーションプロセスに適合しています。DoraSorterの主な特徴は、次の通りです:   約40平方メートルの広さで、10Kgまでの荷物を運ぶことが可能。同時に100か所以上の仕向地の仕分けをカバー コンベアベルトとシームレスに連携できる、引き出し形状のグリッパーを搭載 荷物をスキャンして仕向地の情報を読み取るバーコードリーダーが搭載され、ロボットはグリッパーでコンベアベルトから荷物を受け取り、目的地のスロットに荷物を移動させる   このようなフェデックス施設の自動化に向けた投資は、より広範な業界におけるトレンドに呼応したものです。世界的なパンデミックをきっかけとして、物流関係者は、ECで取引される製品の需要増大や季節的なピーク、迅速な配送を求める生活者の期待の増幅[1]などに対処するため、倉庫管理からラストマイル配送までの業務効率を最適化しています。マッキンゼー・アンド・カンパニーによると、倉庫の自動化に関する市場は2030年までに全世界で510億米ドルに達すると予測され[2]、 2025年までに、400万台を超える商用向けロボットが5万か所以上の倉庫に設置されると見込まれています。[3]   フェデックス エクスプレス アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域 社長のカワ―ル・プリットは次のように述べています。 「ECがアジアの小売りの将来において中心的な存在となりつつある中、荷物が集荷され、お客様の玄関先まで配送されるスピードへの対応は、仕分けロボットの導入を推進する主な要因です。DoraSorterを試験プログラムとして中国に導入したのは、2025年までに3.3兆米ドル相当になるとされる[1]、世界最大のEC市場を見据えたものです。我々がお客様のデジタル経済での成功と、その手助けとなるデータ主導のスマートロジスティクスの構築を目指す中、Dorabot社との協力は、次世代のネットワーク構築に向けた取り組みの一つです。AIテクノロジーは、この地域のお客様をサポートする方法を変え続け、将来のサプライチェーンを強化することになるでしょう」   Dorabot社の創設者兼CEOのXiaobai Deng(鄧小白)氏は以下のようにコメントしています。「DoraSorterの利用は、フェデックスが越境ECの貨物を仕分ける上で役立っています。そして当社とフェデックスにとっては、これが世界的な協力関係の出発点となります。ともに協力して、AIとロボティクスの応用をより多くの企業や消費者にもたらすことができるようになると期待しています」   フェデックス中国のオペレーション担当副社長であるロバート・チュウは次のように述べています。 「お客様の変わりゆくニーズを満たすため、我々は輸送のカギとなるあらゆる要素を強化する新たな技術を探り、投資してきました。ECの急発展は、物流サービスで時間厳守と柔軟性へのニーズの高まりをもたらし、物流業界全体にとって新たな課題と機会を生み出しているのです。Dorabot社との協力は、中国のEC業界成長をサポートするロボティクス技術により業務効率を改善し、機敏性に富む物流インフラを構築するという我々の最新の取り組みなのです」   フェデックスは今後も、先進技術を活用して業務を合理化し、中国やその他地域のあらゆる規模のお客様がグローバル市場で商機をつかめるよう支援していきます。昨年10月に、フェデックスはNeolix社と協力して、中国で自律走行配送車の試験を開始しました。またフェデックスは非接触型のラストマイル配送という将来を探るため、アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域でFedEx SameDay Bot®、Roxo™の試験も実施します。さらに、命を救う薬剤や緊急医療品といった重要な貨物のトラッキング精度、信頼性、時間厳守の配送を向上するセンサーベースのモニタリングデバイスSenseAware IDの提供も米国にて開始しました。   Dorabot社について 2015年に設立されたドラボットは強力な技術部隊を擁し、コンピュータービジョンやモーションプランニング、計画・推論、自律ナビゲーション、複数マシン連携、機械学習、その他の技術を利用して、自動インテリジェント倉庫管理ソリューションを供給しています。同社は、物流や倉庫業、リテーリング、EC、港湾航空、インテリジェント製造、その他の産業におけるお客様に、部品の供給、仕分け、輸送、デパレタイジング、アクセシング、荷上げ・荷下ろしなど、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたエンドツーエンドソリューションを提供しています。Dorabot社のソリューションは、お客様が労働力不足の問題を管理し、業務コストを削減し、業務効率を改善してデジタル化とインテリジェント化のレベルを高める上で役立っています。 Dorabot社は、人材の多様化と市場国際化の戦略を堅持しています。研究開発とオペレーションのセンターを深圳や広州、香港、順徳、杭州、ブリスベン、アトランタ、シンガポール、東京に設立しています。また同社は、2019年に世界経済フォーラムにより世界の「テクノロジーのパイオニア」に、2021年には「カーボンニュートラル技術のパイオニア」に選出されています。詳細については、下記をご参照ください。 www.dorabot.com   [1] https://www.kantar.com/inspiration/coronavirus/ecommerce-soaring-during-covid-19 [2] https://www.mckinsey.com/industries/retail/our-insights/automation-has-reached-its-tipping-point-for-omnichannel-warehouses [3] https://www.abiresearch.com/press/50000-warehouses-use-robots-2025-barriers-entry-fall-and-ai-innovation-accelerates/

More

January 12, 2022

联邦快递推出全新限时派送服务,为企业提供更丰富的派送选项

上海,2022年1月12日 — 联邦快递集团(纽约证交所股票交易代码:FDX)旗下附属公司兼全球最具规模的速递运输公司之一联邦快递宣布推出联邦快递国际优先快递®特快服务,可选择在上午10:30或中午之前将货物运达全球特定目的地*,为客户的国际运输提供更灵活的派送选项。随着新增服务,联邦快递现在为客户提供更广泛的国际限时优先派送服务组合。 亚太、中东和非洲地区的企业现可享受到更灵活便利的派送选项,选择更适合其需求的派送方式。 全新的联邦快递国际优先快递®特快服务 为亚太、中东和非洲地区的客户提供上午10:30或中午前将货物送达亚太部分市场*(中国香港、泰国、新加坡和澳大利亚)、美国、加拿大和欧洲。此外,全新服务目前可在中国广东省部分地区提供中午前送达服务。 联邦快递国际特早快递服务®为亚太、中东和非洲地区的客户提供清晨派送的选项,将货物送达美国、加拿大和欧洲特定邮区和目的地*。 此外, 联邦快递国际优先快递服务®可在工作日当天结束前将货件送达全球220多个国家和地区。 这些不同的跨境限时递送服务是联邦快递支持电商巨量增长的努力之一。亚太地区物流市场规模已达3.9万亿美元[1],预计将在2020-2025年间以6%的复合年增长率持续增长[2]。中东及非洲地区物流市场规模预计将于2027年前增至3150亿美元,复合年增长率达4%[3]。 联邦快递亚太、中东及非洲地区总裁裴佳华表示:“新增的联邦快递国际优先快递特快®服务是我们服务组合的重要提升,并适逢其时。随着经济开始复苏,企业和消费者都更看重可追踪的限时递送服务,并且预计需求会持续增长[4]。我们在这个关键的时刻推出全新服务。国际优先快递特快服务是一项提升的服务,可为时效要求高的货物提供更早的递送服务。扩展的服务组合为各类规模提供更多选项满足其需求,使其有更大的可控性。” 这是联邦快递服务组合进一步延伸。去年9月份,联邦快递提升跨境电子商务服务,推出FedEx® International Connect Plus (FICP),以实惠的价格提供具有竞争力的运输速度。在中国大陆、中国香港、中国台湾、澳大利亚、印度、日本、马来西亚、新加坡、韩国和泰国十个亚太、中东和非洲地区的市场提供FICP服务。快递物流是跨境电商价值链的重要组成部分。当今消费者要求更方便、快捷和个性化的派送方式,有近15%的网购者表示,如果货物未能按时送达,则不会再次回购[5]。 如欲了解关于联邦快递国际优先快递®特快服务、联邦快递国际特早快递服务®以及联邦快递国际优先快递服务® 的更多信息,请参阅联邦快递网站fedex.com。   [1] https://www.statista.com/statistics/1069868/total-global-logistics-market-size-region/ [2] https://www.mordorintelligence.com/industry-reports/asia-pacific-freight-logistics-market-study [3] https://www.prnewswire.com/news-releases/middle-east-and-africa-freight–cargo-market-is-set-to-grow-at-a-cagr-of-around-4-37-by-2027–owing-to-increasing-demand-for-logistics-across-various-industry-verticals-says-absolute-markets-insights-300995211.html [4] Global Time Definite Market Report Dec 2021 Time Definite Parcel Market Analysis, Growth, Key Players, Shares, Drivers, Challenges with Forecast to 2025 – MarketWatch [5] https://elogii.com/blog/delivery-statistics-2020/

More

January 11, 2022

フェデックス エクスプレス、ECの今後の動向を明らかにする デジタルトレンド白書を発表

香港特別行政区、中国 —フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレスは、「注目すべきECのメガトレンド(E-commerce Megatrends to Watch)」白書を発表しました。これは世界の越境ECにおけるトレンドの最も大きな動きを考察するものです。   [1]この白書では、世界最大のEC市場である中国で起きている最も重要なデジタルにおける7つのメガトレンドと、それらがどのようにアジア太平洋地域やその他の地域において、ECのトレンドの進展に深い影響を及ぼすことになるのかという点に焦点を当てています。   新型コロナウイルスは、世界中でEC拡大の促進剤となりました。あらゆる規模の企業がこの機に乗じることを望んでいますが、EC大手企業は、ECの新たな分野を再構築しようとしています。この白書は、生活者の行動や姿勢の変化の背景にある要因を検証し、企業が自社の長期的EC戦略を策定する際に考慮すべきトレンドを示しています。   フェデックス エクスプレス、アジア太平洋、中東、アフリカ(AMEA)地域社長のカワール・プリットは、次のように述べています。 「中国はEC分野のトレンドセッターかもしれませんが、この白書では、アジア太平洋と中東、アフリカ(AMEA)地域がこれから先、長年にわたってEC成長の最前線になることが明らかです。可処分所得が増え、インターネット普及が拡大し、国境を越えたEC市場が台頭する中、この地域にはとても大きな成長力があります。物流はECのエコシステムの根幹となるものです。ロボティクス技術からセンサーを活用したモニタリングソリューションまで、我々はECの最前線が進化するにつれ、企業が新たな商機を見いだす上で役立つ、充実したネットワークとスマートなサプライチェーンを構築する方法を引き続き追求していきます。生活者は、つながりのある、共有可能なオンデマンドのデジタルサービスで最善の生活を求めていますが、それは企業も同じです。物流は、こうした物理的な世界とデジタルの世界が交差するところにあります。我々はECの未来をつくり、生活者には面倒なことを省き、中小企業のお客様には事業の成功をサポートすることで、重要な役割を果たすことができます」   ECは世界的に見て、今後5年間で平均47%成長することが見込まれています。アジア市場が51%で成長の先頭に立ち、ヨーロッパ(42%)と北米(35%)が続きます。[2] 中東とアフリカでは、両地域を合わせたEC市場価値が2025年までに730億ドルに達すると予測されています。それでも、中国での成長はアジアの他の地域を凌駕しており、2020年に1兆3,000億ドルに達したECの売上高は、2025年までに2兆ドル近くまで増えると見込まれています。 [3] こうした明るい見通しは、物流企業が成長する多大な好機も生み出しています。世界のEC物流市場は、2021-2028年の間に前年比で最大約6.6%増となり、2028年までに1,188億4,700万ドルに達すると予測されています。[4]   この白書から浮かび上がったポイントは、以下の通りです。   カスタマーエクスペリエンスの再定義: 同白書では、「スマートシティ&ホーム」や「コネクテッドコンシューマー」、「実験的マーケティング」、「ショッピングエクスペリエンス再構築」が相交わったトレンドによって、購買活動がもはや閉ざされたサイロ状態ではなくなることが明らかになっています。オンラインとオフラインの境界線はさらにあいまいになります。 充実したデジタルのインフラ・技術ソリューションが先進段階にある中国や北米、ヨーロッパのような市場において生活者が求めているのは、クラウドシェルフや、オフラインストアでの拡張現実(AR)ミラー、バーチャルリアリティーのホテルツアー、またモバイルでの購入体験のライブ配信のような、充実した技術サービスによる小売り体験の向上です。 5G通信が急速に現実化する現在、企業は高度にデジタル化・パーソナル化されたサービスを提供する近距離無線通信や人工知能、ボットといった新技術の力を活用し、小売業にとどまらない、より充実したつながりのあるカスタマーエクスペリエンスを実現することができます。 これらの進化するトレンドに合わせて、物流業界もお客様に高度な分析を提供するよう取り組んでいます。たとえば、FedEx Surround(フェデックス サラウンド)の技術は、荷物に加えてそれらが行き来する世界に関する関連データを収集・統合することで、企業の可視化を向上させ、予測できる助言や、事前の対応を可能にします。   未到の達成:もう一つのトレンドは、「市場フロンティアの変化」に関することです。地球の一部地域が、過剰耕作や人口過多となる、またはそれらの最大潜在能力に達する中、第2都市と農村地域は、ブランドが活路を求める地域として台頭しています。通常の小売業者や家族経営店舗は、今やB2BのECプラットフォームでお客様とつながり、国内外の双方で商品をオンライン販売しています。第2都市における中流階級の台頭とともに先進のデジタル・輸送インフラの恩恵を受けた中国、アジア太平洋地域および中東は、デジタルコマースによって旧来型の小売業や家族経営の店舗が再生してきています。こうした未開拓分野での競争は、今後の数年で激化すると思われます。   国境を越えた物流、より広範なネットワーク範囲、また接続のしやすさは、EC事業者が占有率を拡大する上での下支えとなります。そして最初に動いて、顧客に深く根差した広範なリーチを構築した会社が勝者となるのです。   3.  利便性を利用する:他の2つのメガトレンドは、「シェアリングエコノミー」と「時間の購入」です。都市化が進み、デジタルインフラが進化し、生活者の「所有」に対する考え方の変化により、2025年までに世界で3,350億ドルの規模になると言われるシェアードエコノミーの成長に拍車がかかっています。[5] 現在、北米とヨーロッパがその先頭に立っていますが、中国では人口の半数超がこれに加わると見込まれています。利便性は、ブランドが生活者のニーズを満たすために分野を超えて協力し、イノベーションを図るように促す基本要因となっています。カーシェアリングやアパート賃貸からグループ購入まで、シェアードサービスの需要は画期的なイノベーションを促進しています。なかでもECは、生活者にとって重要な時間の節減であり、ワンクリックでの満足感をもたらしています。可処分所得が増えるにつれ、生活の中でオンデマンドサービスを求める需要も急増すると予想されています。世界全体では、生活者の48%が時間を節約するためにお金を使うことを厭いません。北米と欧州の企業は、このオンデマンド サービス エコノミーの未来を再定義する最前線に立っており、多くの企業が宅配により増収となる多大な可能性を見出しています。   コストパフォーマンスと競争力のあるスピードを提供する越境EC向け輸送ソリューション、FedEx® International Connect Plus (フェデックス インターナショナル コネクト プラス)や、FedEx® Delivery Manager International (フェデックス デリバリーマネジャー

More

Media Contacts

United States:
Contact U.S. Media Team

Canada:
905.212.5393

Latin America:
786.388.4698

Europe:
32.2.752.7725
Email Europe Media Team

Middle East, Indian Subcontinent & Africa:
9714.309.1222

Asia & Pacific:
852.2514.0813