Skip to main content


2020 JAアジアパシフィック カンパニー・オブ・ザ・イヤー大会で、 グアムの若き起業家たちがフェデックス アワードを受賞

August 27, 2020

香港特別行政区、中国、2020年8月 27日  – ジュニア・アチーブメント(JA)が行う「2020 ジュニア アチーブメント(JA) アジアパシフィック カンパニー・オブ・ザ・イヤー」の決勝大会が開催され、グアム代表の学生企業Pasiadotの起業家たちが、「フェデックス・グローバル・ポシビリティーズ・アワード」を受賞しました。フェデックス エクスプレス(フェデックス)により提供されるこの賞は、次世代のイノベーターに対して贈られるもので、当プログラムは、若者の起業家精神を育む上で重要な役割を果たしています。

 

この賞は毎年、革新的で、持続可能性と社会的責任とともに新しい市場への拡大を提案し、地域社会を盛り上げるビジネス アイデアを生み出したチームに授与されます。 Pasiadotは、グアムの文化を反映した竹製の再利用可能なカトラリーセット(箸・スプーン・ナイフ・フォーク・とストロー)を開発しました。旅行などにも手軽に携帯できる設計したという優れたアイデアで、審査員の注目を集めて受賞しました。

 

「フェデックス・グローバル・ポシビリティーズ・アワード」に加えて、当プログラムでは2020 JAアジアパシフィック カンパニー・オブ・ザ・イヤー賞の受賞者も発表されました。最優秀賞は、役目を終えた広告などの横断幕を再利用した、耐久性に優れた多機能バッグを開発したシンガポール代表のRevival。第二位は、バックにも変身する多数収納ポケットの万能ジャケットを提案した、インドネシア代表のEmi Student Company。第三位は、地域住民や観光客がゲームを通してブルネイの文化を学ぶことができる、カードゲーム「BAH」 を提案したブルネイ代表のBruFinitiでした。

 

当プログラムは当初、2020年3月にグアムに集まって開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により延期され、今年初めてオンラインによる開催となりました。プログラム開催の形態が変化しても、フェデックスは学生の学習意欲を刺激し、学びの機会を提供し続けます。

 

フェデックスのアジア太平洋・中東・アフリカ(AMEA)地域 社長、カワール・プリットは次のように述べています。「このプログラムと弊社が提供する賞は、次世代の起業家を刺激し、育成するための素晴らしい基盤です。このプログラムがアジア太平洋地域の若い才能に、世界貿易の経験と起業家精神の基本を提供しているのを見ると大変うれしく思います。 フェデックスはこのような困難な時期にあっても、オンライン プログラムを通じて将来のビジネスリーダーを支援し、教育するためにさまざまな方法を採用することが大変重要だと考えています。」

 

2011年に開始された2020 JA アジアパシフィック カンパニー・オブ・ザ・イヤー大会は、高校生に経済とビジネススキルの基本教育を提供することにより、実際のビジネスを立ち上げて運営する能力を身に付けることを目的としています。今年の大会には、11の国と地域(ブルネイ、中国、グアム、香港、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、トルクメニスタン)を代表する17の学​​生企業が参加して、ビジネス アイデアを競いました。