Skip to main content


松本義則(マネージング ディレクター、ジャパン オペレーションズ)が 日本におけるフェデックス エクスプレスの代表を務める

November 2, 2020

2020年 11月2日、日本・東京 —フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレス(以下、フェデックス)は、2020年11月1日付で、松本義則(マネージング ディレクター、ジャパン オペレーションズ)が、日本におけるフェデックスの代表者の役割を務めることを発表します。松本はこれまで通り、日本における空港および地上オペレーション業務、通関業務全般を管理するとともに、今後は日本に勤務する約2,000人の従業員を率いて参ります。

 

松本は通関業務のエキスパートであり、長きにわたりフェデックス エクスプレスに勤務し、その成長と発展に寄与してきました。1988年に、日本における通関業務担当者として入社。1992年に同部門のマネージャーに 、1996年にはシニア マネージャーに昇進しました。2007年には、当時新設された新砂営業所(東京都江東区)における、24時間の通関業務体制の立ち上げに尽力。2014年は、空港業務を統括する責任者として、関西国際空港内での北太平洋地区ハブの開設に携わりました。同施設は、貨物の集約と積み替え拠点として、アジア太平洋地区、南北アメリカ大陸そして欧州のお客様の輸送ニーズに応える施設です。

 

2015年には、マネージング ディレクターに昇進。日本における通関業務と、成田国際空港および関西国際空港における空港業務を統括し、2018年に、日本のオペレーション業務全てを担当する、マネージング ディレクター、ジャパン オペレーションズに就任しました。

 

フェデックスは今回の松本の新たな役割に加えて、以下のアジア太平洋地域におけるマネジメント人事を発表します。

 

  • 2020年10月15日、北太平洋地区担当副社長としてジェレミ・ゴールドストリッチが、フェデックスに入社。ゴールドストリッチは、フェデックスの北太平洋地区(日本、韓国、台湾、香港、グアム及びサイパン)におけるオペレーション業務全般の責任を担います。
  • 2020年6月、氏家正道が、北太平洋・南太平洋地区担当上級副社長に昇進。氏家は北太平洋地区と、東南アジア、オーストラリア及びニュージーランドにおける、企業戦略とオペレーション業務全般の計画および遂行を統括します。

 

フェデックスは新型コロナウイルス感染拡大による影響からの回復を目指し、お客様と継続して連携し、お客様のビジネスを積極的に支援して参ります。この力強いリーダーシップの下、多様化し絶えず変化するお客様の輸送ニーズに適切に応えるため、輸送ネットワークやオペション業務、サービスの革新および強化に努めて参ります。