Skip to main content


フェデックス、2040年までにカーボンニュートラルなオペレーションの達成を目指す

世界の小荷物集配車両の電化とYale Center for Natural Carbon Captureの設立による隔離ソリューションの開発推進を含む野心的な計画

March 9, 2021

メンフィス、テネシー州 2021年3月3日 – フェデックス コーポレーション (NYSE: FDX)は、2040年までに全世界でカーボンニュートラルなオペレーションを達成するための計画を発表しました。

 

この目的を達成するため、フェデックスは3つの主要な分野(配送車両の電化、持続可能なエネルギーの活用、炭素隔離)に20億ドルを超える初期投資を行います。

 

この投資には、現在の航空機の排出量に等しい温室効果ガスとの相殺を促進する初期目標を掲げた、大規模な炭素隔離の方法に関する研究を行うための、Yale Center for Natural Carbon Captureの設立に関するエール大学への1億ドルの支援が含まれます。

 

フェデックス コーポレーションの会長兼CEOであるフレデリック・スミスは次のように述べています。  「我々には気候変動に対して大胆な対策を講じる責任があります。この目標は、我々の事業を通じた長年に渡る持続可能性に関する取り組みに根差しており、フェデックスおよび物流業界全体の長期的な変革のソリューションに対する投資でもあります。」

 

目標を達成するための主要な対策は次のとおりです。

 

  • 車両の電化  2040年までに、フェデックスのすべての配送車両をゼロエミッションの電気自動車とします。 これは既存の車両を段階的に電気自動車に変更していくことによって達成されます。 例えば、フェデックス エクスプレスの世界中の配送車両の購入の50%を2025年までに電気自動車とし、2030年までにその割合を100%に引き上げます。
  • 持続可能なカスタマーソリューション  フェデックスはお客様の協力を得ながら、カーボンニュートラルな出荷の提案と、持続可能なパッケージソリューションによってサプライチェーンの持続可能性を達成します。
  • 持続可能な燃料  フェデックスは航空機と車両の環境排出量を減らすために、代替燃料に投資します。
  • 燃料の保全と航空機の現代化  フェデックスのFedEx Fuel Senseプログラムによる航空機の燃料消費削減の取り組みをさらに強化します。 2012年以降、FedEx Fuel Senseと航空機の現代化という2つのプログラムによって、合計14.3億ガロンのジェット燃料が節約され、1,350万メートルトンを超える二酸化炭素の排出が削減されました。
  • 施設  フェデックスは世界各地の5,000以上の施設で、施設の効率的な使用、再生可能エネルギーの利用、その他のエネルギー管理プログラムに対する継続的な投資を実施してきました。
  • 自然による炭素隔離  フェデックスは、自然による炭素隔離ソリューションに関する応用研究を支援するために、Yale Center for Natural Carbon Captureの設立に対する資金援助を行います。

 

持続可能性を達成するには、地球上の過剰な炭素を除去し、貯蔵するための新しい戦略が必要です。 Yale Center for Natural Carbon Captureは、自然科学と工学の学際的な研究を促進し、この分野の研究を加速するものです。

 

同センターの研究者は、生物学的生態系と地質学的炭素循環を含む自然の炭素貯蔵システムを構築する方法を開発し、可能な限り、炭素吸収の速度を速め、その含有量を高め、その貯蔵期間を伸ばそうとしています。エールの科学者は研究を通じて、世界的な影響力を有する炭素除去戦略のポートフォリオを作成することを目指しています。

 

航空業界での初期の成功を基礎として、同センターはその研究範囲を拡張し、世界中の排出量のその他の原因にも取り組み、その成果を発表することによって、経済界、産業、各国政府に貢献し、世界中で自然の炭素隔離戦略の採用、実施を促進します。

 

Yale School of the Environment、Carl W. Knobloch, Jr.の Ingrid C. “Indy” Burke博士は「気候変動への対処は緊急を要する複雑な問題であり、自然の炭素隔離戦略はそのための重要な鍵となります」とYale Center for Natural Carbon Captureの設立によって、計測可能な炭素回収戦略を開発し、世界的な炭素排出量の相殺を支援したいと思います」と述べています。

 

フェデックスの取り組みは、持続可能性に関する対策の歴史を強化するものです。我々は2009年以来、企業全体の二酸化炭素排出量を約40%削減しましたが、同期間に配送量は99%増加しています。フェデックスは、ジャスト・キャピタルの発表した2021年の「アメリカで最も公正な企業」リストの環境部門で1位に、ニューズウィークの「2021年 アメリカで最も責任ある企業」の旅行、運輸、物流部門でも1位に選出されました。

 

フェデックス コーポレーションの最高サステナビリティ オフィサー(Chief Sustainability Officer)であるミッチ・ジャクソンは述べています。「我々は環境負荷を大きく削減しましたが、まだ行うべきことが残っています。 この業界の長期的な成功は、健全な地球環境に直接関連し、その活動は単に利益を目的とするものではなく、まさに正しい行動なのです。フェデックスは、人々とその可能性を臨機応変に責任をもって繋いでいきます。 今日の我々の行動によって、未来の世代に良い影響を及ぼすことができるでしょう。」

 

将来の見通しに関する記述

本プレスリリースは、2040年までにカーボンニュートラルなオペレーションを達成するための目標に関する内容、カーボンニュートラルを達成するための戦略、その基礎となる仮定など、将来の見通しに関する内容とみなせる記述を含んでいます。 将来の見通しに関する記述は、「する意向」、「かもしれない」、「でありうる」、「であろう」、「であるべき」、「信じる」、「期待する」、「予測する」、「目標とする」、「推定する」、「意図する」、「取り組む」などの表現に先行または後続するか、これらの表現を含んでいます。 このような将来の見通しに関する記述は、リスクや不確実性の影響の下にあり、実際の結果、プロジェクトの計画やタイミング、将来の排出量やその強度、炭素回収結果、オペレーションや技術に関する努力の成果などが、将来の見通しに関する記述によって明示的、黙示的に表現された歴史上の経験または将来的に予測された結果とは大きく異なる場合があります。

 

潜在的なリスク、不確実性は下記を含みますが、それに限定されるものではありません。見積もられた費用と想定されたスケジュールの中で戦略を実行し、目標を達成する我々の能力、ゼロエミッションの電気自動車、代替燃料、燃料効率の高い航空機、その他の資材の入手可能性、生産・設計・オペレーション・技術に関する想定外の困難、炭素隔離および/またはその他の関連する処理等を商業的に競争力のあるプロジェクトや技術として調整する能力など研究努力および今後の技術開発の成果、温室効果ガス・炭素コスト・気候変動に関する目標についての国際的および地域的な規定・税金・料金・義務・要請などへの準拠・変更・追加、我々の運送ネットワークで運送を受託する第三者に対して要請を行う機能を制限または禁止する労務関連の規定および要請、製品をお客様の好みに適応させて持続可能なサプライチェーンのソリューションが受諾されるものとすること、競合他社の活動と競争圧力、新型コロナウイルスの感染拡大からの地域的・世界的回復、証券取引委員会にフェデックスが提出する書類に記載されるようなその他の要素。 将来の見通しに関する記述は、文書が作成された時点における情報のみに基づくものです。 我々は、新たな情報や今後の出来事等に基づいて、将来の見通しに関する記述を更新または改訂する義務を負うものではありません。